スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
明日は明日の風が吹く
最近きつくなりすぎですか?
あれも嫌、これも嫌、と自分の好みに外れたものは斬りすぎ??

・・・でもこれがわたし(笑)

納得できるものに出会うのは難易度高いなぁ。
自分でハードル上げ過ぎてるのか(苦笑)
これでも一応ファンなんですけどね・・・。(一応なんだ笑)

「全部好き」「なにもかも許せるくらい愛してる」なんて言えないんだもん。
好きだけど・・・好きだからこそ言いたいことは言わせて欲しいなーなんて思うのです。
届かない、ただの願いであり希望なんですよねぇ。

どの時期の自担が好きかと問われると、
殆どの人は「堕ちた頃」が最終的な答えになるようですね。

ま、それは置いておいて(もう終了?)

わたしは堕ちた頃の自担も好きですし、今も好きです。
いろいろ言っちゃうけど結局好きなんです・・・。
認めてるところはきちんと認めてますから。

そこで。
ここのところずっと思ってたけど、どこにも残してなかったので書き留めておきます。




曲に沿った振りを「音」として表現する踊りが好き。

時にはしなやかに、時には力強く。

緩急織り交ぜる踊りが出来て、
圧巻させられる、見惚れるダンス・・・。


あの人は音を見える形に表現することが出来る人。


だから今後もあるなら・・・
翼舞台に出て欲しい。
あのコンセプトなら五関くんにぴったりだと思った。

個人的に見たいだけってのはあるけど(笑)
ダンスをする、踊りを魅せる、っていうことだけじゃなくて、
もっと追求した「音」が「ダンス」で表現された世界に浸る五関くんが見たい。



そして出来ることなら再び彼等にPZの舞台を・・・。
これは見たいっていうよりも、更なる成長と探究心・向上心を忘れて欲しくないから。
スポンサーサイト
 
コメントの投稿
secret



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。